2009年 06月 08日
シャクヤク、東京
シャクヤクは中国華北部原産の多年草で、漢字では『芍薬』と書く。
その名の通り、根は漢方薬の材料となり、その効能は、消炎、鎮痛、抗菌、止血、抗けいれん作用、それとしゃっくりにも効くらしい。
また、年に一度美しい花を咲かせることから「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言われ、昔から美人を形容する花のひとつにもなっている。
開花時期は5〜6月。
北方系美人だから、高温多湿が苦手。
日本ではこの花が終わると、いよいよ梅雨入りである。

e0139738_11125921.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/100 sec. F 2.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2009-06-08 17:35 | 日本 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/10393401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goopy at 2009-06-08 19:47 x
何と美しい! 何を隠そう、私はこの色が大好きです。
普段は黒やグレー、茶しか身につけないんですけど、
この色だけは別です。
東京に咲くシャクヤクということですね。
1年に1度っきり会えないから、美しいのです。
Commented by komone at 2009-06-08 20:45 x
きれいです。
シャクヤクはもう少し薄い色のイメージでしたが
こんな鮮やかなピンク色のものもあるのですね。
Commented by artisfoto at 2009-06-09 09:25
goopyさん、そうです、シャクヤク@東京です。(笑)
なるほど、この色の服もお持ちだということですね。素敵です。
Commented by artisfoto at 2009-06-09 09:27
komoneさん、おはようございます。
確かに白っぽい花も多いですからね。
Commented by yang-gong at 2009-06-09 22:48 x
これは美しいですね。いわゆるヤバイと言えそうな…
見たことがない色味ですが、プロの方が育てたものでしょうか。
Commented by artisfoto at 2009-06-10 08:20
yang-gongさん、これ、じつは近所のおばちゃんが、公団の敷地で大切に育てているものなんです。
Commented by cumi-cumi at 2009-06-10 23:04 x
綺麗ですね!
芍薬というと、やっぱり私は中国をイメージしてしまいますが、
日本にもけっこうあるんですね。
ちなみにパナソニックのカメラもお使いなんですね!
このカメラは一眼レフではないんですか?
とても綺麗な画像ですが。
Commented by artisfoto at 2009-06-11 14:04
cumi-cumiさん、このカメラは、いわゆるコンデジというやつですね。


<< ドリアンの季節、チャウドック      趙記菜肉餛飩大王、台北 >>