2009年 06月 26日
阮朝王宮、フエ
僕がコダクロームと旅をしたのは、2006年のべトナムが最後である。
すでにこの時、コダクロームはメインフィルムではなく、余っていた数本をバッグに詰め込んだだけ。
しかも、そのほとんどが阮朝王宮を撮影するのに使われた。
要するに、これを撮るためにコダクロームを持参したようなものだった。
そして、実質この写真がコダクロームフィルムでのラストショットとなってしまった。

e0139738_2029346.jpg

CONTAX G2 Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8
Kodachrome 64 Professional(PKR)
[PR]

by artisfoto | 2009-06-26 14:39 | ベトナム | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/10503646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pp at 2009-06-26 16:40 x
こんなに綺麗だったかな。。私が行ったのは2000年ですが、まだ激戦跡が生々しく残っていました。そして暑かった。
Commented by artisfoto at 2009-06-26 18:36
ppさん、写真というのは真実であり、同時に嘘でもあるのです。(笑)
ここはべトナムでもいち早く世界遺産に登録(1993年)されましたが、修復されているのはメインの建物だけみたいですね。
Commented by cumi-cumi at 2009-06-26 23:52 x
2006年というとデジタル一眼レフがアマチュアの間でも一般的になってきた頃ですね。
しかしフィルムからデジタルへの写真の移行は早かったですね。
しかしインドネシアもいいですがベトナムもいいですね。
いつか行ってみたいです。
Commented by artisfoto at 2009-06-27 18:24
cumi-cumiさん、何を以て良しとするかは、人によって様々なんですが、とりあえずこの王宮を人に勧めようとは思いません。(汗)


<< 紫陽花、東京      アプサラの踊り子、シェムリアップ >>