2009年 07月 01日
紫陽花、東京
昨日、たまたま気が向いて母親の墓参りに行った。
彼岸の後は誰も来てなかったらしく、墓は悲惨なことになっていた。

母は生前、華道と茶道の師範をしていて、私は幼い頃からその様子を見ていたせいか、いつの間にか洋菓子より和菓子、洋花より和花が好きになってしまった。
欧米よりアジアに興味が向くようになったのも、そんな母の影響かも知れない。

今は梅雨の真只中。
紫陽花の奇麗な季節である。

e0139738_157577.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/125 sec. F 2.8 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2009-07-01 12:03 | 日本 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/10533065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goopy at 2009-07-01 20:02 x
トゥクトゥクさんのおっしゃってる事、よくわかります。
私の母も80歳を過ぎましたが、独り暮らして華道と茶道の師匠をしてます。
そうですね。楚々して地味な茶花を見てきましたものね。
紫陽花の花言葉は“移り気”だそうですけど、実は反対ですよね。
自分が根を張る土地の色に染まります。
私は濃い赤紫の紫陽花を近所で見て、欲しくて、花が終わってから
一枝貰って植えましたが、私の庭では薄い青の花を咲かせました。
土が酸性かアルカリ性か中性かで色が違うんだって知りました。
Commented by cumi-cumi at 2009-07-01 21:24 x
綺麗ですね!
紫陽花はやっぱり、こんな感じにちょっと雨に濡れた感じがいいですね。
最近は西洋紫陽花が一般的ですが、ほんとは紫陽花って日本のものらしいですね。
紫陽花も洋物より、こういう額紫陽花のほうが落ち着いた感じがあっていいです。
Commented by le at 2009-07-01 22:40 x
花も綺麗ですが葉っぱがいいですね。
Commented by artisfoto at 2009-07-01 23:27
goopyさんのお母上は今も現役なのですね。素晴らしい!
なるほど、根を張る土地の色に染まってしまうということなら、正反対になりますね。
紫陽花は樹勢が強いらしく、近所の人が勝手に街路樹の脇に植えて、街路樹の方が枯れてしまいました。
Commented by artisfoto at 2009-07-01 23:31
cumi-cumiさん、そうそう、この顎紫陽花は日本原産で、紫陽花の原種と考えられているそうですね。
Commented by artisfoto at 2009-07-01 23:33
leさん、やはり植物は雨季の方が瑞々しく見えますからね。


<< BGIガール、カントー      阮朝王宮、フエ >>