2009年 09月 24日
曼珠沙華、東京
この植物の特徴は、葉があるときに花が無く、花があるときに葉が無いこと。
そのことから、韓国では「葉は花を想い、花は葉を想う」という意味の「相思華」とも呼ばれている。

e0139738_8401660.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/125 sec. F 2.8 ISO 100
[PR]

by artisfoto | 2009-09-24 09:00 | 日本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/11205233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goopy at 2009-09-24 09:48 x
そんな意味があったんですか。
私は束の間に咲く、この花が大好きです。
自分の記憶に残ってない子供の頃の思い出があるのかな?
お彼岸ですね。
Commented by cumi-cumi at 2009-09-24 18:29 x
そういえば彼岸花の花は見たことがあっても、葉のある状態をぜんぜん見たことないです。
見ても花が無いので判らないで通り過ぎてるんでしょうね。
この彼岸花も都内で撮影されたんですか?
Commented by artisfoto at 2009-09-25 09:43
goopyさん、彼岸花って僕の中では、いつの間に咲いて、いつの間に消えてる・・・、とてもミステリアスな印象です。
Commented by artisfoto at 2009-09-25 09:48
cumi-cumiさん、そうなんですよね。
僕も花が咲くまでは気付きませんから・・・。(汗)
今回も近所の公園で撮りました。


<< タイのクレヨンしんちゃん、メー...      黄金色の風景、群馬 >>