2009年 10月 08日
天上の宮殿と青いドレスの美女、シェムリアップ
朝一番にバイヨンの見学を終えた僕は、続いて象のテラスを歩き、そのまま王宮の中へ入っていった。
王宮そのものが木造建築だったため、敷地の中はピラミッド型の小さなヒンドゥー寺院と沐浴池を残すのみとなってしまったが、沐浴池には素晴らしいレリーフがあるし、さらにはピミアナカス(天上の宮殿)と呼ばれる小さなヒンドゥー寺院の王にまつわる伝説も残されていた。

その伝説によれば、寺院の塔の中心には9つの頭を持つ蛇が住んでいて、その蛇が毎晩美女の姿で王の前に現れると、王は妻と寝る前に必ず彼女と交わらなければならなかった。というのも、その行為を一晩でも怠った場合、王は死んでしまうと信じられていたからだ。
ところが、そもそもこの寺院を王宮だと勘違いしていた僕は、のんきにしかも王様気分で寺院の急な階段を上っていたのだが、最上段に着いたところで、突然、中から青いドレス姿の美女が現れ、微笑みながら僕の傍を通り過ぎるのを見て、思わず見とれてしまったのだった。

地上に降りると、今度は先ほどの美女が池の傍にある遺跡の残骸に腰掛け、熱心にロンリープラネットを読んでいる。
印象派絵画を代表するモネの作品のように、淡い光を背景に落としたその光景は、ただそこに立ちつくすことしか出来ないほど幻想的だった。そして、このときはもう池を縁取るレリーフのことなど、すっかり忘れていたのである。

e0139738_8241631.jpg

Canon IXY DIGITAL 200
1/160 sec. F 7.1 5.4mm
[PR]

by artisfoto | 2009-10-08 21:05 | カンボジア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/11317623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by padmamanis at 2009-10-09 17:30
あ!本当に美女が登場していますね!
しかしこちらも風景写真ですよねー!川に映った緑が特に素敵!
Commented by artisfoto at 2009-10-09 18:47
padmamanisさん、やっぱり? じつはひそかに突っ込まれるんじゃないかと思ってました。(汗)
しかし、こんな美女が一人旅とはね。第二外国語はフランス語にしとくんだった。
Commented by cumi-cumi at 2009-10-11 00:10 x
いい風景ですね!光が朝のように感じますが、
午前中に行かれたんですか?
絵のような風景ですね。
Commented by artisfoto at 2009-10-11 10:12
cumi-cumiさん、そうです、このときはだいたい10時頃ですかね。
それと、王宮の外、いわゆる壁の向こうは森になっていて、なかなか雰囲気がありました。


<< ジュプンの花、バリ島      アンコールワットの夜明け、シェ... >>