2009年 10月 12日
ジュプンの花、バリ島
2002年10月12日は、忘れもしない、あのバリ島で最初の爆弾テロが発生した日だ。
僕はそのとき日本に居たのだけれど、翌朝、ニュース番組を見ようとテレビをつけたら、いきなり信じ難い映像が目に飛び込んできて、凍り付いてしまったのを今でもはっきり覚えている。
友人の話によれば、事件直後の一ヶ月間は、通りがまるでニュピ(*注)の日のように静まり返り、彼自身も恐ろしくてほとんど外に出られなかったという。
そして僕もまた、親密だった交際相手がいつの間にか疎遠になっていくように、バリ島に距離を置くようになっていった。
あれから7年、現在バリ島は世界有数のリゾート地として復興を遂げている。
しかし、あの日を記憶している人々の心の傷は、僕を含め今もなお癒されないままである。

e0139738_95477.jpg

(*注)ニュピはサカ(シャカ)歴の新年で、この日はバリ人だけでなく外国人も一切の外出が禁止となり、島全体が静寂と闇に包まれる。

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/200 sec. F 8.0 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2009-10-12 11:57 | インドネシア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/11342683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by padmamanis at 2009-10-12 22:54
あれから7年も経つんですね。今でもその日のことは鮮明に覚えています。ジュプンの花が変わらずきれいすぎて、泣けてきます。
Commented by artisfoto at 2009-10-13 13:09
padmamanisさん、そうなんですよね。
僕はジュプンの花が地面に落ちていると、それを拾って耳に挟みます。この花のかわいらしい姿と香りが大好きなのです。
Commented by cumi-cumi at 2009-10-13 18:13 x
あの事件が起きるまではバリ島は安全だと思っていたので、
かなりショックの大きい事件でした。
最近は大きなテロはありませんが、クタで日本人旅行者が殺されたり、
バリ島の観光業にマイナスになる事件は時々起りますね。
Commented by artisfoto at 2009-10-13 22:12
cumi-cumiさん、まああれだけ観光客がやってくる場所ですから、ある程度の犯罪は仕方無いと思いますが、テロというのはいきなり降り掛かってくるもので、自分で防ぎようがないから怖いですよね。
Commented by ANDY at 2010-11-10 13:05 x
このテロにはまいりました。私はテロ現場へは発生から1ヶ月以上近寄れませんでした。事件発生から毎日テレビでは現場の様子が写しだされ悲惨であり、悲しみが込み上げてきました。
楽園だと思っていたバリ島でのテロ、もう2度と起きてほしくないと願っております。
Commented by artisfoto at 2010-11-10 14:41
ANDYさんは、当時すぐ近くにいらっしゃいましたよね。
テロとは縁遠い場所だと思っていただけに、そのぶんショックも大きかったです。


<< 星条旗、千葉      天上の宮殿と青いドレスの美女、... >>