2009年 12月 03日
ソリヤマーケット、プノンペン
ベトナムのチャウドックからボートでプノンペンに到着。
船着場でモトドッブ(バイタク)の兄ちゃんに、以前泊まったことのあるゲストハウスの名前を伝えたら、何故かデパートの前で降ろされてしまった。
「ソリヤマーケットだよ。」
ソリヤマーケットは、2003年にオープンしたカンボジア初のデパートで、僕が最後にプノンペンを訪れた2002年1月当時はまだ建設中だったが、オープン当初は日本でもニュースになったり何かと話題に上がっていたので、どんなものかくらいは来る前から知っていた。
ところが、実際その場に立ってみると、街は大きく様変わりしていて、以前の記憶などほとんど役に立たないと悟ったときは、思わず途方に暮れてしまった。

e0139738_88257.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/50 sec. F 8.0 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2009-12-03 10:27 | カンボジア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/11703972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2009-12-03 11:26 x
アジアの街は発展の目まぐるしい場所が多いんですね。
私も今年、バリ島に久しぶりに行ったら驚きましたから。
ここの発展ぶりはそれ以上のようですね。
Commented by artisfoto at 2009-12-04 08:17
cumi-cumiさん、この数年間、プノンペンの街はもの凄い勢いで発展していて、これからもまだまだ変わっていくものと思われます。


<< 夕方の街、東京      ペン夫人の丘、プノンペン >>