2009年 12月 25日
クリスマスの教会、カントー
クリスマスの日、近くの教会へ出掛けてみると、大勢の信徒が説教に耳を傾けているところだった。
べトナムは、宗主国だったフランスの影響から、特に南部ではカトリックの信徒が多く、あちこちで教会を見掛ける。

e0139738_103242100.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/30 sec. F 4.0 ISO 1600
[PR]

by artisfoto | 2009-12-25 10:45 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/11840320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by padmamanis at 2009-12-29 01:14
うひゃあ、お菓子の家みたい!
キリスト教が多いんですね。イメージ違ってました。
Commented by artisfoto at 2009-12-29 15:32
padmamanisさん、そうは言っても、圧倒的に仏教徒が多いんですけどね。


<< チワワ、北京      釘付け、バナム >>