2010年 01月 23日
樹のある風景、シェムリアップ
今はもう切り倒されてしまったが、これもプリア・カンを象徴する風景のひとつ。
回廊の屋根が巨大な二本の榕樹に押しつぶされ、その下は人がやっと通れるほどの隙間しか無かった。

e0139738_18332645.jpg

Canon IXY DIGITAL 200
1/160 sec. F 7.1 5.4mm
[PR]

by artisfoto | 2010-01-23 18:38 | カンボジア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/12016366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yang-gong at 2010-01-24 00:49 x
すごい。巨大なニワトリがバレエ踊ってるみたいです。
この場所、めちゃめちゃ危険じゃないですか?
Commented by artisfoto at 2010-01-24 10:09
yang-gongさん、おおーっ、なるほど、確かにそんな感じに見えますね。
そうなんです、たぶんそれで切り倒されたのだと思います。大好きな光景だったんですけどね。
Commented by cumi-cumi at 2010-01-25 22:48 x
熱帯の植物は成長が凄まじいですね!
今は切り倒されてしまったということは、
今は回廊の屋根も修復されているんですか?
Commented by artisfoto at 2010-01-27 00:21
cumi-cumiさん、確か樹の根っこの部分はそのままなので、屋根は修復されてないと思います。






<< 乗り合いバスの少女、ルアンプラバン      プリア・カンの傷跡、シェムリアップ >>