2010年 02月 07日
海岸通りのワシントン椰子、千葉
暗くて長いトンネルのような日本の冬。
そろそろ出口が見たくなって来ました。

e0139738_2229564.jpg

Canon EOS 5D Mark ll EF28-105mm F3.5-4.5 USM
1/250 sec. F 8.0 ISO 100
[PR]

by artisfoto | 2010-02-07 23:15 | 日本 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/12109593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2010-02-07 23:48 x
やっぱり日本の椰子はいまいち元気が無さそうですね。
インドネシアで見る椰子とは、
元気さがぜんぜん違うように見えます。
Commented by artisfoto at 2010-02-08 11:53
cumi-cumiさん、いくら耐寒性のある品種と言えども、冷たい風にまともにさらされてるわけですからね。
特に昨日は、強風の中、枯れた部分が夕陽に照らされ、余計に痛々しさを感じてしまいました。
Commented by dorubu at 2010-02-08 17:17 x
遊びに来ちゃました♪写真家さんだったとは!!!とっても写真奇麗です~!日本じゃないみたい!!!最近私は、仕事で写真と撮るようになりました。アングルとか難しいですよね~。でも楽しいです♪
実は私もブログもう一個あって、仕事半分、私用半分みたいなぶろぐですが・・・。バリ島でわたくし就職しまして建築家から一転、ウェブをやっています。H.I.S.バリフリークのウェブサイトです。ご存じでしょうか?あと、↑のブログもやってますよ。ブログ仲間さんにはカミングアウトしなかったんですが、つられちゃいました(笑)
Commented by santaisachi at 2010-02-08 23:48
なんとなく懐かしくて思わずコメントしてしまいました。
千葉出身の私。実家の庭にこの椰子が生えているのですが
子供の頃はその椰子の木が密かに自慢でした(笑)
バリまでは7時間もかかる飛行機でしょっちゅう行くのに
電車で数時間という近さの実家には帰らない親不孝な私でした。。。
Commented by artisfoto at 2010-02-08 23:49
dorubuさん、いらっしゃい!
おおーっ、そうでしたか。ということは、まだ暫くバリ島の方におられるわけですね。
ブログ、これからちょくちょく覗かせて頂きます。っていうかリンクしときますね。
そして、次回は必ずお会い出来る事を願ってますよ〜。
Commented by artisfoto at 2010-02-08 23:54
santaisachiさん、ええっ、お庭にヤシですか〜!
それって普通にすごいと思います。(汗)
お忙しいとは思いますが、たまには実家の方にも顔見せに帰ってあげてくださいね。
Commented by 陳ばあさん at 2010-02-09 23:45 x
千葉県のすぐ上にある茨城県の海沿いに不思議なニワトリがいるという情報があります。なんでも地元の人は「浜メンドリ」と呼んでいるそうです。取材してみてはいかがでしょうか?
Commented by artisfoto at 2010-02-10 00:23
陳ばあさん、こんにちわ。
おおっ、浜めんどりですか、あれはなかなかすばしっこく、いつもテトラポットの中を縦横無尽に走り回っているみたいですね。
僕も今まで声を聞いただけで、姿を見た事はありません。(笑)


<< 昼下がりの旧市街、ジャワ島 スマラン      早春の川面、東京 >>