2010年 03月 08日
パラミツの実、バリ島
世界最大の果実として知られるパラミツ(英名ジャックフルーツ)の実は、インドネシアではナンカと呼ばれ、一般的に熟したものは生で、若いものは煮物などにして食べられる。その果肉はとても甘く美味だが、独特の芳香があるのと、食べるときに接着剤のようにベタベタと手にくっつくのが難点である。

ナンカと言えば、バリ島で友人の実家へ遊びに行ったとき、中庭に大きなナンカの樹があり、その時はちょうど目の高さのところに若い実が二つぶら下がっていたのだが、二年後に再び訪れてみると、その中庭にあったはずの樹が見当たらず、「ナンカの樹はどうしたのか?」と尋ねたら、「ああ、あれは切っちゃったんだよ。」と言われ、思わず落胆したことを思い出す。

e0139738_1413479.jpg

Canon IXY DIGITAL 200
1/100 sec. F 2.8 5.4mm
[PR]

by artisfoto | 2010-03-08 22:22 | インドネシア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/12276035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by padmamanis at 2010-03-09 23:38
そんなお名前だったんですね。ナンカ・チップスがやめられない止まらないで困った記憶があります。
Commented by cumi-cumi at 2010-03-09 23:54 x
始めてのバリ島でガイドさんが、
このナンカを見せてくれたのを思い出しました。
その時、こんな巨大な実が育つとは、
熱帯の気候はすごいと思いました。
Commented by artisfoto at 2010-03-10 13:29
padmamanisさん、確かにナンカ・チップス旨いですよね。
Commented by artisfoto at 2010-03-10 13:30
cumi-cumiさん、僕もこの果物を始めて見たときはびっくりでした。
Commented by あじゃこ at 2010-03-13 19:52 x
ナンカも何故か芸術的にみえますね~!!!こっちの人はお庭に果物の木ってあんまり植えたがらないです。というのもすぐ大きくなって家の土台を根っこで持ち上げちゃうらしいんです。大きなお庭なら問題ないですけどね~!最近土地が・・・↑ 田舎は大丈夫ですけど。
ナンカスープおいしいですよね♪
Commented by artisfoto at 2010-03-14 00:27
あじゃこさん、家の土台が持ち上げられてしまったら大変ですものね。(汗)
そうそう、SOTOも美味しいですよね。


<< 南の風7メートル、千葉      春爛漫、東京 >>