2010年 03月 22日
黄色シャツの屋台と香港炒麺、バンコク
ソイ・テキサスの入口から、ほんの少し歩いたところに『黄色シャツの屋台』がある。
僕はこの店を初めて見たとき、店主の個性的な風貌に惹かれ思わず席についてしまったのだが、そのとき以来、この屋台には何度も足を運んでいる。

e0139738_17514662.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/80 sec. F 4.0 ISO 800

ここでは『黄色シャツの屋台』などと呼んではいるが、じつのところその呼び方が適正なのかどうか僕には判らない。
というのも、その日は店主がたまたま黄色のシャツを着ていただけかも知れないし、それこそ『アピシット派』かも知れない。
あるいは、その日がプミポン国王の誕生した月曜日ということで、単に黄色いシャツを着る日だったなんてことも考えられるわけだが、それはともかく、ここのシンプルで香ばしい香港炒麺が美味であることだけは間違いなかった。

ある日、ここで炒麺を食べていると、隣の席に座っていた熟女二人組が、僕と同じ炒麺を注文し、さらにご飯を追加していた。
どうするのかと思いきや、何と、炒麺をおかずに白いご飯を食べている。
タイにも『焼きそばライス』があったのだ。(汗)

e0139738_17515959.jpg

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/15 sec. F 4.0 ISO 800
[PR]

by artisfoto | 2010-03-22 19:04 | タイ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/12352116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by songket_bali at 2010-03-23 02:44
こんばんは!
香港炒麺、ご馳走になります!

細めの麺でご飯と一緒に食べてもおいしそうですね。
もう深夜なんですが、こっそりミーゴレン食べてから寝ることにします。
Commented by artisfoto at 2010-03-23 14:43
songket_baliさん、まさかそんな夜中に・・・10年前なら9時頃にはもう村中が真っ暗だったでしょう。
香港炒麺もいいですが、ミーゴレンも食べたくなってきました。
Commented by 鍋乃家湯気之丞 at 2010-03-23 23:42 x
屋台や露店には確かに個性的な人がいますね。
昔新宿の駅前で露店を開いているおじさんがいて、犬を売っていました。そこで売っている犬はぜんぶ「飼い主に忠実」だったそうです。
あるとき昨日までけっこう大きかった犬が次の日すべて子犬になっていたことがありました。
飼い主に忠実な犬だから皆飼い主にめぐり合ったんでしょうね。
あのおじさんは今もいるにでしょうか?
いちど取材されてみてはいかがでしょうか?
Commented by umi-cumi at 2010-03-24 21:01 x
とっても細い麺に見えますが、美味しそうですね。
やっぱりアジアの人たちは何を食べても、
けっきょくお米が食べたくなるんでしょうかね。
Commented by artisfoto at 2010-03-24 23:41
鍋乃家湯気之丞さん、そういえば、あのおじさんたちは、動物愛護団体に関係してたみたいですよ。
Commented by artisfoto at 2010-03-24 23:42
cumi-cumiさん、たぶんラーメンライスみたいなものでしょうね。(汗)


<< 椿の花と島の歌、東京      ソイ・テキサス、バンコク >>