2010年 05月 12日
君子蘭、東京
人目を引く派手な色調、くっきりとした花びらの輪郭、長く延びるおしべ。
どれをとっても、まるで熱帯に咲く花のような存在感だ。
日本へは明治時代に欧州より渡来し、その高貴な花のイメージから『君子蘭』と呼ばれるようになったが、蘭というのは名ばかりで、実は南アフリカ原産のユリ科の植物である。

e0139738_11192812.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF28mm F1.8 USM
1/1000 sec. F 5.6 ISO 400
[PR]

by artisfoto | 2010-05-12 12:20 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/12628352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 雨の匂いとアオザイ女子高生、チ...      紫蘭、東京 >>