2010年 07月 13日
夏の夕焼け雲、東京
色付いた雲が、刻々と変化していく。
オレンジから赤、赤からピンクへ。
夕暮れ時は、地球が陽から陰へと入れ替わる時間帯、闇の世界へ誘う扉のようなものである。

e0139738_1031352.jpg

2010.7.12 19:20:10
Panasonic DMC-LX3
1/80 sec. F 2.5 ISO 80

写真は、3分前(上)と3分後(下)の夕焼け雲。
データを見ると、このたった3分の間に、露出が2段も変化していることが判る。

e0139738_1033142.jpg

2010.7.12 19:23:10
Panasonic DMC-LX3
1/40 sec. F 2.2 ISO 125
[PR]

by artisfoto | 2010-07-13 10:56 | 日本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/12943415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2010-07-13 21:26 x
綺麗な夕焼けですね!
この時間帯の空の色は本当に刻一刻と変化していきますよね。
一日のうちで風景が一番ドラマチックに見える時間帯ですね。
Commented by do-loop at 2010-07-13 23:52
昨日の夕方、久しぶりにこんな夕焼け空だったので
私も思わず写真撮りました。
本当に、刻一刻と色が変化してとてもキレイでした。

早く梅雨があけてくれるといいのだけれど。
Commented by artisfoto at 2010-07-14 09:00 x
cumi-cumiさん、こういう夏の夕焼けって、やはり南の国の空と重なりますよね。
Commented by artisfoto at 2010-07-14 09:20 x
do-loopさんも、同じ空を眺めていたのですね。

確かに、この蒸し暑さ、何とかならないものかと思いますが、かといって、梅雨らしい毎日というわけでもなく、異常気象というより、完全に気候が変わってしまったみたいですね。


<< チャイナタウンの夏、横浜      路上でサッカー観戦、カントー >>