2010年 07月 26日
積乱雲、東京
今年の夏は暑いだけではない。
梅雨は梅雨らしくなかったし、梅雨明けと同時に鳴く蝉の声も聞こえて来なかった。
昨日、ようやく近所でも蝉を見掛けるようになったと思ったら、今朝は耳慣れない蝉の声で目を覚ます。
調べてみると、クマゼミというこの辺りには生息していないはずの蝉だった。
クマゼミは、もともと関東南部、東海、北陸地方、西日本(近畿、中国、四国、九州、南西諸島)に分布していたが、90年代以降は北へ分布を広げているらしい。
それを知って、すぐに『地球温暖化』という文字が思い浮かんだが、クマゼミが今なぜここに居るのか、その原因はまったくの謎である。

e0139738_13345312.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/1000 sec. F 5.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2010-07-26 14:43 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/13003645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 待ち遠しい二人、雲南省大理周城      屋台の果物屋、台北 >>