2010年 10月 01日
線路わきの風景、ウドーンターニー
やがて、車掌がやって来てベッドを片付け始める。
居場所を失った僕は、仕方無しに洗面所へ行くことにした。
そのまま外に出てみると、近くにネコヤナギの一輪挿しのような樹が、ポツンと立っていて、その後ろには、相変わらずイサーンの単調な風景が広がっていた。

e0139738_851593.jpg

CONTAX G2 Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8
Tri-X pan 400 (TX)
[PR]

by artisfoto | 2010-10-01 10:58 | タイ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/13325558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2010-10-03 22:08 x
線路の周りはほとんど畑か田んぼですか?
ほんと田舎のようですね。
Commented by artisfoto at 2010-10-04 09:06
cumi-cumiさん、そうですね。この辺りは殆どが農地になっていました。


<< トゥクトゥク乗り場、ヴィエンチャン      寝台列車の朝、コーンケーン >>