2010年 11月 12日
都心の公園、東京
リコーGXR用ユニット A12 28mm 試用レポート その2

順光の遠景を撮ってみたところ、さすがに葉の密集した部分では、ややねむい画像になってしまった。
とは言え、解像度そのものは一眼レフの単玉と比べても全く遜色の無いレベルであり、周辺まで良く解像している。
注目すべきは、石垣の細かなディテールまでよく再現されていること。
このレンズは、解像感よりも、むしろ透明感や立体感の表現に優れているようだ。

後ろに見える建物は、ザ・ペニンシュラ東京。
東京の紅葉が見頃を迎えるまで、あと2〜3週間はかかりそうである。

e0139738_10521077.jpg

RICOH GXR GR LENS 18.3mm F2.5
1/320 sec. F 5.0 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2010-11-12 11:58 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/13619098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 石蕗の花、東京      信号待ち、東京 >>