2010年 11月 15日
ガード沿いの空、東京
リコーGXR用ユニット A12 28mm 試用レポート その5

やや逆光気味の雲を、開放からおよそひと絞りのところで撮影してみた。
露出はややアンダー傾向だが、雲の白とびもなく、青い空も奇麗に出ていて、まるでボジフィルムのような雰囲気である。
驚きなのは、この絞り値で四隅まできちっと解像されていること。
それと、パープルフリンジがほとんど出ていないこと。
交換レンズ方式では限界があった細やかなチューニングも、ユニット方式ならここまで突き詰められるということだ。

e0139738_941221.jpg

RICOH GXR GR LENS 18.3mm F2.5
1/2000 sec. F 4.0 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2010-11-15 11:27 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/13636929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< めぐりあいの泉、東京      ピンクの薔薇、東京 >>