2010年 11月 18日
若い時計台、東京
リコーGXR用ユニット A12 28mm 試用レポート その8

数寄屋橋公園でひときわ目を引くのが、岡本太郎作の『若い時計台』。
1966年に制作されたと言うから、大阪万博の『太陽の塔』よりも古い。
それでもまったく古さを感じないのだから驚くばかりである。

やや逆光状態で日陰という悪条件ではあったが、素材のアルミニウムとコンクリートの質感が良く出ていて、空もギリギリ飛んでいない。
撮影は全てJPEGで、ほぼ見た目の印象に近い仕上がりとなった。

e0139738_0382522.jpg

RICOH GXR GR LENS 18.3mm F2.5
1/310 sec. F 5.6 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2010-11-18 01:27 | 日本 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/13654479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kidai_y at 2010-11-18 23:21
岡本太郎はいろんなところでこれを作っているのですね。
実際にこんな形の何かが見えていたんでしょうね。
確かに時代を感じさせない姿です。
というか時間を超越しているデザインですね。
Commented by artisfoto at 2010-11-19 09:18
kidai_yさん、そうですね。まさに時代を超越した挑戦的とも思えるデザインは、やはりピカソと重なります。


<< 銀座の花畑、東京      揺れる落ち葉、東京 >>