2010年 12月 24日
聖夜の選択、東京
クリスマスは、イエス・キリストの生誕を祝うキリスト教の祭日である。
しかし、キリスト教徒の少ない日本では、『子供たちがサンタクロースからプレゼントを貰う』、『家族でパーティをする』、『恋人と過ごす』、といったいわゆる『イベントの日』としてすっかり定着している。

僕が子供の頃には、景気付けに「ポ〜ン!」とシャンパンもどきを開けたり、クラッカーを鳴らしたりしていたけど、『昭和の頑固じじい』を地でいく祖父の目を気にしてか、盛り上がることはほとんど無く、クリスマスは単なる『プレゼントとケーキの日』と化してしまった。

そんな祖父が、実は浅草界隈では、ちょっとは知られる遊び人だったという。
僕が知っているのは、晩年の『酒飲み頑固じじい』だけど、僕の父はもう80を超えているのに、今でも毎晩のように飲み歩いているし、僕は僕で、「今日のシャンパンはどれにしよう」などと言っているのだから、やはり血筋なんでしょうな。

e0139738_1044244.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM
1/125 sec. F 4.0 ISO 800
[PR]

by artisfoto | 2010-12-24 13:03 | 日本 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/13868133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kidai_y at 2010-12-24 23:14
血筋なんですか~。
僕はお酒がとても弱いので緑茶で乾杯ですね・・・。

イベントの日としてのクリスマスであっても、この時期はイルミネーションなどで街が少し明るくなるから好きですね。
Commented by artisfoto at 2010-12-25 10:28
kidai_yさん、夜に緑茶飲んだら眠れなくなりませんか?(笑)
華やいだ街や、浮き足立った人々を見ると、ついついこちらも明るい気分になりますよね。
Commented by cumi-cumi at 2010-12-25 23:17 x
これは、あの時に購入された50mmF1.2レンズですね!?
美しいボケですね!
F4まで絞っても、こんなに大きく背景がボケるのは、
やっぱりフルサイズだからでしょうか?
とっても綺麗です。
Commented by artisfoto at 2010-12-26 10:24
cumi-cumiさん、もちろんフルサイズというのもありますが、なだらかな綺麗なボケなので、他のレンズよりもボケが大きく感じられますね。
とても素晴らしいレンズだと思います。
Commented by do-loop at 2010-12-28 00:10 x
シャンパン好きって何だかオシャレな酒飲みという感じ!

私は炭酸飲料飲むとすぐお腹苦しくなってしまうし
お酒もあんまり飲めないしので、飲める人が羨ましいー
Commented by artisfoto at 2010-12-28 08:33
do-loopさん、それは残念、シャンパンってすごく美味しいんですよ。
炭酸と言っても泡はピリピリしないし、何より華やかで高揚感が得られるところが良いですね。


<< 夜の路上の子供達、カントー      兄と妹、バリ島 >>