2011年 02月 09日
熱帯の風景、バリ島
初めて海外へ行ったのは大学一年の春休みの時、行き先はバリ島だった。
当時はバリ島と言っても誰も知らなくて、「インドネシアだよ。」と言い直したら、「ずいぶん危ない場所へ行くんだね。気をつけて!」などと、真顔で言われたものである。
今思えば、何を根拠にそんなことを言っていたのか判らないが、とにかく当時の日本人にはその程度の認識しか無かったのだろう。
実際、僕もデンパサールの空港に降り立ったときは、暗がりにうごめく黒い人々が全員ギョロっとした目でこちらを見ていて、内心かなりビビっていた事は確かだった。
ところが、一夜明けて部屋の外へ出てみると、目の前には夢のような光景が広がっていた。
原色を重ね合わせたような熱帯の植物、見上げるほど背の高いココヤシの木、甘く香しい花の香り。
現実の光景がこんなにも非現実的に思えたことは無かった。
もちろん、テレビなんかで観た事があっても、実際に触れたりするのはこの時が初めてである。
ものすごいカルチャーショックだった。
そのおかげかどうかはわからないが、この時以来、僕の脳内には熱帯の植物が根を下ろすようになった。
だから、毎年この時期が来ると、無性に熱帯が恋しくなるのである。

e0139738_11113836.jpg

Canon IXY DIGITAL 200
1/100 sec. F 2.8 5.4mm
[PR]

by artisfoto | 2011-02-09 16:10 | インドネシア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/14174482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2011-02-09 18:37 x
バリ島の棚田は本当に綺麗ですね!
たしかここに観光客に写真を撮られて小銭を稼いでいる、麦わら帽子のオジサンがいたような・・・。
Commented by le at 2011-02-09 22:57 x
 初海外がバリ!というのがさすがです。
 私なんか、学生時代にはアジアに全く興味がなくて、ヨーロッパに行くとしても「南回り」は避けたいと思っていました。
 今行くなら当然南回りですね。ヨーローッパに行く予定は全くありませんが。
Commented by artisfoto at 2011-02-10 08:33
cumi-cumiさん、はい、赤いシャツのおじさんですね。そういえば元気かな?
Commented by artisfoto at 2011-02-10 08:36
leさん、その南回りというのは、東南アジアのハブ空港を経由するということですね。
それなら、一度ベトナム経由でパリへ行ってみたいです。
Commented by santaisachi at 2011-02-14 01:35
バリは本当artisfotoさんが言う様に、原色に溢れてるんですよね。。。
私もバリに初めて行った時の記憶は、鮮やかな色が溢れている事とあのもわっとした熱帯の空気だけが印象に残っていて
しばらく離れているとあれが恋しくなりますね。。。
Commented by artisfoto at 2011-02-14 17:43
santaisachiさん、そうなんです。
今頃はちょうど雨期真っ盛りで植物が瑞々しく色も鮮やかに見えますからね。
湿気を含んだ熱帯の空気も今はとても懐かしいです。


<< 椰子の木のシルエット、千葉      テトの日の風景、ダラット >>