2011年 03月 08日
天井扇、カントー
僕はいつも、旅先でベッドに寝転ぶと、まずは天井を眺めることにしている。
そして、天井扇かメッカの方向を示す矢印、あるいは電球や装飾など、何か見つめるものを探し、後はただひたすらボーッとしながらその日の出来事を振り返るのだ。
これは、僕が長年実践してきた旅の記憶法。
そのお陰で、かなり前の写真でも、眺めているだけで当時の記憶が鮮明に蘇ってくるのである。

e0139738_9184244.jpg

今日から旅に出るため、ブログの更新はしばらくの間お休み致します。

Canon EOS 5D EF24-105mm F4L IS USM
1/60 sec. F 4.0 ISO 800
[PR]

by artisfoto | 2011-03-08 09:29 | ベトナム | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/14390119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2011-03-08 20:24 x
いよいよ出発ですね!
気をつけて行ってらして下さい。
また新しい旅の話し楽しみにしておりま~す!
Commented by こもね at 2011-03-12 21:19 x
どちらへお出かけですか?
天井見ながらの回想、日常ではあまりしませんね。
旅に出ると、それだけ毎日新鮮なことがあるのですね
Commented by artisfoto at 2011-03-31 09:10
cumi-cumiさん、今はノートPCでアクセスしてますが、仕事場がめちゃくちゃになっているのと、地震被害のショックで、しばらく記事はアップ出来そうにありません。
Commented by artisfoto at 2011-03-31 09:12
こもねさん、今回はキューバに行って来たのですが、着いて三日目の朝に地震のニュースを見て、ショックで旅行どころではなくなってしまいました。


<< プラド通り、ハバナ      朝の托鉢、コンポンチャム >>