2011年 03月 31日
プラド通り、ハバナ
朝、ホテルの部屋で荷造りをしている時だった。
何気なくテレビをつけ、CNNにチャンネルを合わせると、日本でマグニチュード8.6(当時)の巨大地震が発生、10メートルの津波が沿岸部を襲ったと速報で伝えていた。
その映像は2004年に起きたスマトラ島沖地震のアチェの津波のようにも見えたが、押し流されていたのは明らかに日本の漁船や住宅である。
ホテルをチェックアウトして、オテル・イングラテーラ前でバスに乗り込むが、やはり先ほど見た津波の映像がどうしても頭から離れない。そのくらいショッキングな映像であった。
僕は言いようの無い絶望感と悲しみを抱えたままハバナの街を後にした。

e0139738_15442922.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/500 sec. F 2.8 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-03-31 17:42 | キューバ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/14525800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by le at 2011-03-31 21:43 x
お帰りなさい。ご無事で何よりです。
日本の方が無事ではありませんでしたが。
ところで、中国では日本の震災とリビアのニュースを繰り返し流していましたが、キューバでもリビアのことは大きく報道されていましたか?
Commented by goopy at 2011-03-31 21:44 x
お留守中のことだったのですね。日ごとに言葉を失って喪失感が襲いますが、どういう言葉を発しても軽くて・・・何十人分も元気を出しましょう。
Commented by kidai_y at 2011-03-31 22:50
お帰りなさい。
キューバはいかがでしたか?

普段なんの心配もなく自由に旅ができていたことはとても幸せなことだったんだなあと、今回の震災で感じました。
本当にひどい現場は見ていませんが、実際に津波の跡を目にするとその力に言葉もありません。
何かできることを探して暫くやっていきたいと思います。
Commented by artisfoto at 2011-04-01 09:30
leさん、こんにちわ。
実のところテレビはほとんど見ていなかったので良くわからないのですが、報道規制のようなものは殆ど無かったと思います。
ちなみにハバナのホテルでは、CNNかCCTVNEWSばかり観てました。
Commented by artisfoto at 2011-04-01 09:37
goopyさん、そうなんです。知ったのはキューバに着いて三日目の朝でした。
旅の最中になかなか情報を得られなかった事が一番辛かったです。
Commented by artisfoto at 2011-04-01 10:11
kidai_yさん、そうなんですよね。
海外に居てこんなに日本のニュースばかり流れるなんてことは今まで経験が無く、日本人としてこれほど日本が愛おしく感じられたことも無かった。
本当に胸が張り裂けそうな思いでした。
Commented by cumi-cumi at 2011-04-01 21:57 x
無事に戻られたようで何より。
お帰りなさいませ。
この街で第一報をお聞きになったんですね。
あちらでも大きなニュースになっていたんですね。
Commented by artisfoto at 2011-04-03 17:48
cumi-cumiさん、そうなんです。
この日から詳しいニュース番組を見るまで不安な毎日でした。


<< 黄色いバスと椰子の影、シエンフエゴス      天井扇、カントー >>