2011年 04月 08日
花を差し出す少女、トリニダー
朝起きると、外は冷たい風が吹いていた。
通りの向こうで宿のおばちゃんがパンを買っているのが見える。
僕の朝食だろうか?
そんなことを考えながらボーッとしていると、どこからともなく少女が現れて、何故か一輪の赤いハイビスカスを僕に差し出した。
「君には僕の気持がわかるのかい?」
僕が心の中でそう呟くと、少女はニコニコしながら歩いて行ってしまった。
不思議な出来事だった。

e0139738_981419.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
1/320 sec. F 5.6 ISO 640
[PR]

by artisfoto | 2011-04-08 15:55 | キューバ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/14571259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2011-04-09 08:34 x
ハイビスカスをくれるとは、どういう意味があったんでしょうね?
これがインドネシアだったら、子供から花手渡されても、その後、無料じゃ済まなそうで受けとれないかも。
Commented by artisfoto at 2011-04-09 10:22
cumi-cumiさん、とくに深い意味は無いと思いますが、そのときの僕は最も落ち込んでいて、少女からもきっとそんなふうに見えたんじゃないかと思います。
Commented by kidai_y at 2011-04-11 23:36
僕も中国でだんだん体調が悪くなり、あまりテレビやネットで積極的には情報収集をしないようにしてました。
自分はこういう状況には結構強いほうだと思っていましたが、知り合いが東北にいたこともあったのか、初めて旅の途中で日本に帰りたくなりました。
中国でも日本を気にしてくれる人がいて、とても嬉しい気持ちになりましたね。
Commented by artisfoto at 2011-04-12 12:04
kidai_yさん、僕の場合はとにかく情報が無く不安な毎日でした。
計画停電が実施されている事や、原発が爆発した事、それに東京タワーが曲がってしまったとか、断片的な情報ばかりでかなり混乱していて、ほんと、この時はすぐにでも日本に飛んで帰りたかったですね。


<< 太陽の花、カマグエイ      月の涙、トリニダー >>