2011年 04月 18日
バスターミナルのカフェ、バヤモ
オルギンを出ると、次はバヤモに到着。
「カフェ!カフェー!」
ターミナルの建物の中から女性の声が聞こえてくるので覗いてみると、男達がカウンターで小さなカップを片手にくいっとコーヒーを飲み干している。
それを見て僕もたまらず注文。
深煎りのキューバ産の豆から抽出されたコーヒーは、広大なサトウキビ畑から穫れた砂糖がどっさりと入れられていた。

e0139738_11583083.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/30 sec. F 2.0 ISO 125
[PR]

by artisfoto | 2011-04-18 11:11 | キューバ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/14626872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kidai_y at 2011-04-19 00:18
濃いコーヒーを気付けにしてぐいっと飲み干す文化はアジアにはないですよね。
キューバの文化もスペインの影響でヨーロッパ的なんですね。
Commented by artisfoto at 2011-04-19 08:57
kiday_yさん、そうですね。
キューバでは言語以外にも、こういう日常の習慣からスペインの影響を強く感じます。
Commented by 牛の腸 at 2011-04-19 22:53 x
キューバにはバットマンコーヒーはありましたか?
いちど取材されてみてはいかがでしょうか?
Commented by artisfoto at 2011-04-20 08:47
牛の腸さん、おはようございます。
キューバは反米国家なので、とりあえずバットマンはあり得ないでしょうね。(笑)


<< 到着、サンティアゴ・デ・クーバ      雨の後で、オルギン >>