2011年 04月 19日
到着、サンティアゴ・デ・クーバ
右手にシエラ・マエストラ(マエストラ山脈)が見えてくると、だんだん雲行きが怪しくなり、やがて土砂降りの雨に変わった。
そう言えば、キューバに来てから雨らしい雨に遭っていないため、この時期は雨が降らないのだろうと勝手に思い込んでいたが、どうやらそうではないらしい。
峠をゆっくりと越えて、バスがハイウェイに差し掛かると、徐々に天候も回復し、それから間もなくしてキューバ第二の都市サンティアゴに到着した。

e0139738_121664.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/800 sec. F 4.0 ISO 80

バスターミナルを出ると、相変わらずカサ・パルティクラルと呼ばれる民宿の客引きが声を掛けて来る。
しかし、僕はハバナを出てからずっとカサ・パルティクラルを泊まり歩いてきたので、サンティアゴではホテルに泊まろうと決めていた。
客引きを断っていたところに自転車タクシーの運ちゃんがやって来て、町の中心部まで2ドルで行くと言うので乗ってみる。
ところが、サンティアゴという町は坂道ばかりで、その道を食事もままならないような体型の運ちゃんが力を振り絞りながら全力で漕いでいるものだから、さすがに不憫に思えてきた。
結局、最後は二人とも自転車を降り、ホテルまで歩いた上に1ドル多く払うことになってしまった。

e0139738_1204889.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/250 sec. F 2.8 ISO 160
[PR]

by artisfoto | 2011-04-19 14:17 | キューバ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/14633518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 53年前の勇姿、サンティアゴ・...      バスターミナルのカフェ、バヤモ >>