2011年 05月 11日
キューバ上空、ハバナ
雲の下から覗いたのは、紺碧の海に縁取られた赤茶色と緑の大地だった。
広大な畑に植わっているのは、恐らくサトウキビかタバコであろう。
高度が下がり、民家の色や形、そして通りを走る車なんかもはっきりと判るようになると、いよいよその先にハバナの町が見えてくる。
午後の強い陽射しが、眼下の野球場に散らばる赤いユニフォーム姿の選手たちをくっきりと浮かび上がらせていた。

e0139738_1831447.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/800 sec. F 4.0 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-05-11 20:25 | キューバ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/14760173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by London Caller at 2011-05-11 21:54 x
すてきな風景なんですね!
白い雲、青い海、絶景〜
Commented by artisfoto at 2011-05-12 08:20
London Callerさん、はじめまして♪
上空から見るハバナは、とても美しかったです。
Commented by cumi-cumi at 2011-05-12 13:52 x
カナダからここに来ると、凄い温度差のようですね。
体調大丈夫でしたか?
Commented by artisfoto at 2011-05-12 21:06
cumi-cumiさん、カナダに居たのはほんの僅かですから、問題ありませんでした。
寒いところから暖かい場所へ行くのは気持ちの良いものです。


<< タクシーは旧ソ連製、ハバナ      キーズ上空、フロリダ >>