2011年 05月 31日
嵐のあとで、ハバナ
ホテルを出ようとすると、外は砂埃が舞うほどの強風が吹いていた。
上空は分厚い雲に覆われ、今にも降り出しそうだ。
とりあえず、早めの夕食は諦め部屋に戻ると、案の定ぱらぱらと雨が降ってきた。
やがて、突風が砂埃を舞い上げながら通り過ぎていく。
わずか数分の間に、向かいの屋上から給水タンクが落下、ホテル屋上の真新しいテントも飛ばされてしまった。
キューバ時間2011年3月10日17時00分、日本時間2011年3月11日7時00分のことだった。

e0139738_945957.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/160 sec. F 2.8 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-05-31 09:42 | キューバ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/14871564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2011-05-31 11:10 x
日本での大地震は、こちらの宿に宿泊中に知った感じでしょうか?
朝から変な天気の日だったんですね。
Commented by yang-gong at 2011-05-31 13:44 x
こわっ。おケガ無くて何よりでした。
Commented by artisfoto at 2011-05-31 14:36
cumi-cumiさん、そうです、このホテルに滞在していました。
すみません、完全に書き忘れてますね。
このときの現地時刻は夕方の5時でした。
Commented by artisfoto at 2011-05-31 14:40
yang-gongさん、そうなんです。
どうやらハリケーンの時に落ちなかったものが、このとき落ちてしまったみたいですね。
とにかくもの凄い音でした。(汗)


<< 朝の光景、ハバナ      夕方の空と街、ハバナ >>