2011年 06月 02日
朝の光景、ハバナ
その日は、やけに清々しく、気持ちの良い朝だった。
僕はホテルの屋上で、破れたテントのバタバタという音を聞きながら朝食を取り、部屋に戻って荷造りを始めた。
それまで部屋のテレビなんて見てもいなかったのに、そのときに限って何故かスイッチに手が伸びた。
画面に映し出されたのは、巨大な津波に襲われる日本の映像と、そのニュースを興奮気味に伝えるCNNのキャスターの姿だった。
しばらくして、昨晩と同じようにベランダから通りを眺めてみた。
そこで目にしたのは、昨日と何も変わらない、ハバナの日常的な朝の光景だった。

e0139738_10145726.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
1/320 sec. F 5.6 ISO 800
[PR]

by artisfoto | 2011-06-02 11:51 | キューバ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/14883527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2011-06-03 23:08 x
最初に津波の映像を見たときには、びっくりされたのでは?
私も最初に見たときは驚きました。
海外でも大きなニュースだったんでしょうね。
Commented by artisfoto at 2011-06-04 06:23
cumi-cumiさん、驚きというよりショックでしたね。ものすごく。
CNNはもちろん、telesurなんかでもトップニュース扱いでした。
Commented by あじゃこ at 2011-06-06 18:40 x
お久しぶりです。
ちょうどそのころ私は一時帰国中でした。結構揺れましたよね。テレビから流れてくる津波の映像が現実として受け入れるのに時間がかかりました。信じられなかったです。
Commented by artisfoto at 2011-06-07 07:05
あじゃこさん、一時帰国中でしたか。
僕も、こんな恐ろしいことが現実に日本で起きるなんて、本当に信じられませんでした。


<< カサ・デ・ラ・トローバにて、サ...      嵐のあとで、ハバナ >>