2011年 07月 07日
チェ・ゲバラ邸へ、ハバナ
朝、顔を洗いに洗面所へ行くと、水が出なかった。
どうやら、タンクが空っぽになってしまったらしい。
給水車はあてにならないので、とりあえず外に出て旧市街を歩いてみることにする。

外は雲ひとつない、まるで日本の秋晴れのような青い空だった。
あまりに気持ちが良かったので、今日は少し遠出してみようと思い立つ。
ビエハ広場からサンフランシスコ修道院に出てフェリー乗り場に到着。
そこで僕はカサブランカ行きの船に乗り込んだ。

e0139738_8434288.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/1000 sec. F 2.0 ISO 80

船を降り、鉄道駅から公園へ抜けると、その先はずっと坂道だった。
坂の脇には、淡い水色の美しいカサ(家)があり、その庭先で白いワンピース姿の女性が洗濯物を干している。
透き通るような白い肌、肩にかかるくらいのサラサラとした金色の髪、スラリと背が高く、まるで欠点の無い奇麗な顔立ち。
そのあまりにも非現実的な光景に、一瞬僕は白昼夢でも見ているのではないかと思ったほどである。

坂道を上がっていくと、今度は草むらの方から何やらガサガサと音が聞こえて来る。
近づいてみると、トカゲにヘビが巻きついているところだった。
トカゲの頭はヘビの倍くらいあり、明らかにトカゲの方が大きかったが、ヘビはトカゲの顔に噛み付いたまま放さず、結局そのまま丸呑みしてしまった。
壮絶な光景であった。

さらに坂を上がってカーブを曲がり、今度は巨大な白いキリスト像を目指し歩いて行く。
キリストの足下まで来れば、チェ・ゲバラの第一邸宅はもうすぐ目の前だ。

e0139738_84434.jpg

Panasonic DMC-LX3
1/800 sec. F 6.3 ISO 80
[PR]

by artisfoto | 2011-07-07 11:52 | キューバ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/15076536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by le at 2011-07-07 17:30 x
 「洗濯物を干している」美女の写真はないのでしょうか?
Commented by artisfoto at 2011-07-07 18:30
leさん、夢は夢のままで終わらせようかと・・・。
とにかくその時は、何故こんなところにこんな美女が?という感じでした。
Commented by 見たい at 2011-07-08 00:06 x
トカゲとヘビの写真はないのでしょうか?
Commented by artisfoto at 2011-07-08 08:54
見たいさん、トカゲとヘビの戦いは薮の中で行われていたため、残念ながら写真はありません。
Commented by cumi-cumi at 2011-07-09 18:32 x
雲ひとつない青空ですね!
しかしトカゲが丸飲みされてる光景、目の前で見たら凄そうです。
Commented by kidai_y at 2011-07-09 23:10
僕も美女が見たいです・・・。
でも記憶の中に置いておいた方がいいのかもしれませんね。

インドのゴアでバスの窓から見た女の子がものすごくきれいで、今となっては詳細な容姿は思い出せないんですけど、でも強いイメージが残っています。
Commented by artisfoto at 2011-07-10 09:56
cumi-cumiさん、やはりヘビの顎のちからと巻き付くちからってかなり強いんでしょうね。
Commented by artisfoto at 2011-07-10 10:22
kidai_yさん、このときは、まさに映画のワンシーンを観ているようでした。
考えてみると、記憶の中だけに存在するものって結構ありますね。
中でも、一番多いのが食べ物だと思います。


<< 現実、ハバナ      ホテルの部屋、ハバナ >>