2011年 07月 14日
赤いシャツの農夫、バリ島
その昔、ウブドからテガラランまで自転車で行ったことがある。
と言っても、たいした距離ではないのだが、ウブドから先はずっと上り坂で、おまけにカメラや三脚などの機材を背負いながら炎天下の中を行くのは、当時の僕でもかなり辛かったのだ。
結局、テガラランのワルンで長い休憩を取った後、最終目的地であるチュキンのライステラスに辿り着いたのは、ウブドを出発して6時間後のことであった。

今ではツアーに組み込まれるほど有名なチュキンのライステラスだが、当時はまだ観光客もまばらで、静まり返った川沿いの谷間に、間隔の狭い棚田が延々と続く光景は本当に幻想的だった。
ある日、棚田を見下ろす小屋の脇で昼寝をしていたら、どこからともなく農夫が現れ、いきなりついて来いと言う。
慌てて棚田の中を降りて行くと、農夫は軽やかな足取りで、どんどん先へ行ってしまった。
途中、ネズミの死骸を見つけ、足でつかんでポイと谷に投げ捨てた。
そして、谷間の中程まで来たところで、今度は写真を撮れと言う。
なんと、僕を撮影ポイントまで案内してくれたのである。

Bagaimana kabarmu?

e0139738_9215754.jpg

Canon EOS-1 SIGMA 28mm F1.8 Aspherical
Kodachrome 64 Professional(PKR)
[PR]

by artisfoto | 2011-07-14 12:27 | インドネシア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/15113439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yang-gong at 2011-07-15 13:18 x
昔、Pさん達と噂していらした・・・おじさん・・・この方?
Commented by artisfoto at 2011-07-15 15:54
yang-gongさん、いつも居る赤シャツのおじさんの話でしたら、そうですね。
Commented by cumi-cumi at 2011-07-16 15:16 x
この人はテガガランのあのおじさんですか?
この帽子といい、赤シャツといい、絵になるおじさんですね。
Commented by do-loop at 2011-07-16 17:08
なぜだか少し青みがかった植物の色が、バリの陰の色だーと
思ってしまいました。
近々バリ行かれるのですね。もう4~5年行けてないので羨ましい!
写真楽しみにしています。
Commented by artisfoto at 2011-07-16 22:43
cumi-cumiさん、このおじさんとも暫く会っていないので、元気かなと思いまして。
Commented by artisfoto at 2011-07-16 22:48
do-loopさん、この色が出せるのって、このフィルムだけなんですよ。
僕は2年ですが、4〜5年も行ってないと、かなり変わってしまったかも知れませんね。


<< 享楽の果て、ハバナ      革命広場、ハバナ >>