2011年 07月 18日
享楽の果て、ハバナ
1920年代にアメリカで禁酒法が施行されると、ハバナはアメリカ人のための歓楽都市として発展していった。
ところが、1959年のキューバ革命ですべてが一変する。
1961年、アメリカとの国交を絶った革命政府は、ソ連との結びつきを一層深め、社会主義体制へと突き進む。
そして、キューバ国内のアメリカ企業を接収、同時に商業施設やホテルはすべて国営化された。
現在それらの建物は、国営ホテルとして営業を続けているものや、廃ビルとなってしまったもの、あるいは写真のように住居として再利用されているものなど、その様態はさまざまである。

e0139738_1034015.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF28mm F1.8 USM
1/640 sec. F 8.0 ISO 200
[PR]

by artisfoto | 2011-07-18 10:43 | キューバ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/15133041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kidai_y at 2011-07-20 00:24
リキシャーみたいな乗り物が走っているんですね。
ちょっとアジアの雰囲気がします。
Commented by artisfoto at 2011-07-20 19:54
kidai_yさん、これはビシ・タクシーと呼ばれる乗り物で、ビシクレータ(自転車)のタクシーという意味です。
確かに、後ろに人を乗せるところがリキシャっぽいですよね。


<< カリブの海岸で、ハバナ      赤いシャツの農夫、バリ島 >>