2011年 09月 27日
秋の空、東京
秋はいつも北からやって来る。
雲も空気も匂いも、この河の遥か上流から北風に乗ってやって来るのだ。
それは、子供の頃からずっと変わっていない。
夏の終わり、冷たい風、そして秋の雲。
秋は嫌いなのに、センチメンタルな秋の風景が僕は大好きだった。

e0139738_1913179.jpg

RICOH GXR GR LENS A12 28mm F2.5
[PR]

by artisfoto | 2011-09-27 19:49 | 日本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/15615129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kidai_y at 2011-09-27 23:52
少し薄い秋の空、赤い彼岸花。
秋の色は結構いろいろあって、でもどこか切なくなる色ですね。
Commented by cumi-cumi at 2011-09-28 11:37 x
すっかり秋の雲ですね。
今年は9月に入っても暑かったので、最近、突然寒くなったように感じますね。
Commented by artisfoto at 2011-09-29 10:52
kidai_yさん、日本の季節の変わり目は、それぞれ独特の色のイメージがありますからね。
僕の場合、秋は色より夏の終わりというイメージが強くて、何となく切なくなってしまいます。
Commented by artisfoto at 2011-09-29 10:53
cumi-cumiさん、昨年も秋を通り越して、いきなり冬がやって来ましたよね。


<< 龍山寺と河原の風景、台北      ビールと担仔麺、台北 >>