2011年 10月 05日
寧夏観光夜市、台北
台北最後の夜は、寧夏路にある寧夏観光夜市へ。

おでんは、併合時代の名残で関東煮と呼ばれている。

e0139738_9233867.jpg

僕が苦手な内蔵系も多い。

e0139738_9235195.jpg

まさに、台湾の食文化ここにあり、といった風情。

e0139738_924612.jpg

欲張らずに、うなぎは小にしておくべきだった。

Panasonic DMC-LX3
[PR]

by artisfoto | 2011-10-05 10:12 | 台湾 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/15743265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2011-10-05 20:21 x
美味しそうなものがいっぱいですね。
おでんは日本のと味付けは同じですか?
後ろにファミリーマートの看板がありますが、
台湾もコンビニいっぱいなんでしょうか。

Commented by artisfoto at 2011-10-06 00:09
cumi-cumiさん、台湾のおでん、じつは食べたことありません。(汗)
コンビニは日本のようにあちこちにありますね。
日本と違うのは、プラスチックバッグに入れてくれないところ。
持ちきれないときは、エコバッグ持参です。
Commented by kidai_y at 2011-10-08 00:27
見慣れないものがおでん鍋の中に入っていますね・・・。
そういえば香港のおでんを食べた時もモツが入っていました。煮込んであるので油が抜けていて、柔らかかったので食べられました。基本的に僕もハラミとタン以外の内蔵系は苦手です。
うなぎはやっぱりすごい量だったんですね(笑)

話は変わりますが、アップルはこれからどうなっていくんでしょうか?
今までのように「驚き」がなくならなければいいんですけどね。
Commented by artisfoto at 2011-10-08 07:05
kidai_yさん、日本と違って具の種類が異常に多いですよね。
とにかく台湾に行くと、あれもこれも食べたいって感じになるので、食べ過ぎには注意しています。

僕はずっとマックユーザなので、Apple社についてはこれからも見守っていくしかないですね。
ああMacbook Airが欲しい。


<< 追悼スティーブ・ジョブズ、東京      うな重@肥前屋、台北 >>