2011年 10月 12日
イブの仕事とナシ・チャンプル、バリ島
テラスへ出てみると、熱帯の植物が朝の光を受け、キラキラと輝いていた。
鳥のさえずり、鶏の鳴き声、ジュプン(プルメリア)のかぐわしい香り。
「ああ、バリに来たんだな。」と実感する瞬間である。

とりあえずシャワーを浴び、外へ出ようとすると、宿のイブ(奥さん)がサジェン(供物)を作っているところだった。
その様子を眺めていたら、イブがりんごをひとつくれた。

e0139738_1034845.jpg

そのままウブド大通りの両替屋へ行き、帰りにアユのワルン(食堂)でナシ・チャンプルを食べる。
僕はいつも、最初に現地食を食べて胃袋を慣らしておくのだが、今回は少々辛すぎたのか、いきなり腹をこわしてしまった。

e0139738_1173564.jpg

Panasonic DMC-LX3
[PR]

by artisfoto | 2011-10-12 11:30 | インドネシア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/15864810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kidai_y at 2011-10-12 21:21
トッピングが豪華ですね。美味しそうです。
辛そうに見えなくて、でも相当辛いんですか?

お酒全般が苦手で、ワインもそうなんですけど、山形月山の山ブドウワインというのは甘くてジュースのような感覚で飲めたので美味しかったですね。
多分大木さんには物足りないでしょうね(笑)

Commented by artisfoto at 2011-10-13 09:13
kidai_yさん、この角度だと隠れて見えないのですが、じつは刻んだ青唐辛子がわきに添えてあるんです。

確かに、甘いジュースのようなワインは苦手です。
Commented by goopy at 2011-10-13 09:50 x
イブのように暮らしたいなぁ。
久しぶりにバリにふれた気がします。
辛いチャンプルは修行ですが、それさえ懐かしいです。
Commented by artisfoto at 2011-10-13 11:37
goopyさん、バリ島は僕にとって外国で唯一ホッと出来る場所です。
Commented by cumi-cumi at 2011-10-13 15:23 x
東京で生活していてバリ島に行った最初の朝は、何だか別世界に行った気分になります。
こちらのイブは最初に泊まった宿のイブですか?
Commented by artisfoto at 2011-10-13 18:24
cumi-cumiさん、そう、隣の宿の奥さんです。


<< ある日の光景、東京      ペンジョール、バリ島 >>