2011年 10月 21日
いつものワルンで、バリ島
ワルン・エカワティに通い始めて、もうかれこれ10年以上になる。
当時、プリアタンの友人から「あそこのフーヨンハイ(カニ玉)美味しいよ。」と勧められたのが始まりで、当初はフーヨンハイばかり食べていたのだが、やがて常連客のほとんどがサテを注文しているのに気付き、今度はサテばかり食べるようになった。
そのうちに、クロバック(肉団子の唐揚げ)というメニューがある事を知ると、サユール・ヒジャウ(青菜炒め)とクロバックをセットで注文するようになる。
そのクロバック、2年振りに食べてみたが、以前とは全くの別ものになっていた。
衣ばかりで、ほとんど肉が入っていないのだ。
逆にサユールの方は完成度が高くなっていたが、やっぱり、ここはサテが一番かな。

e0139738_13134958.jpg

Panasonic DMC-LX3
[PR]

by artisfoto | 2011-10-21 14:27 | インドネシア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/16074458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goopy at 2011-10-21 21:42 x
肉の入ってない肉団子…ってなんだか楽しいですね。
バリだと何でも許せる私も変です。

バリへ行かれていたんですね。行ってないのは私です。
自分のご無沙汰は忘れて失礼しました。
Commented by cumi-cumi at 2011-10-22 08:17 x
エカワティの味も変わったんですね。
ここでチャプチャイもよく食べてました。
今回はフーヨンハイは食べましたか?
Commented by artisfoto at 2011-10-22 09:57
goopyさん、このメニューは本当に美味しかったのでとても残念でした。
Commented by artisfoto at 2011-10-22 09:59
cumi-cumiさん、結局この時食べたきりで行ってませんね。


<< 秋色の実、東京      まさに和風ナシチャンプル、バリ島 >>