2011年 10月 26日
歓迎の舞、バリ島
ヤマサリの定期公演は、今年からアンドン・ステージではなく、プリアタン王宮で行われるようになった。
公演最初の演目はやはり歓迎の舞。
歓迎の舞と言えばペンデットが定番だが、こちらはプスパ・ラーガと言い、1996年の来日公演の際に発表されたヤマサリのオリジナル。
通常ならあまり使われない青い布をあしらった衣装も特徴的である。

e0139738_9164659.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
[PR]

by artisfoto | 2011-10-26 10:27 | インドネシア | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/16205554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2011-10-26 11:03 x
プリアタン王宮に場所が変わったんですね。
以前より賑やかな場所になったので、観客は増えたのではないですか?
確かにこの青い布はあまり見ない色合いの衣装ですね。
Commented by le at 2011-10-26 17:18 x
プリアタン王宮ってプリ・アグンのことでしたっけ?
ヤマサリとティルタ・サリやグヌン・サリの関係はどうなっているのでしょう? 掛け持ちしている踊り子とかはいないんでしょうか?
Commented by le at 2011-10-26 21:21 x
最近の流行なのでしょうけど、この化粧は個人的にはちょっと・・
Commented by artisfoto at 2011-10-27 08:42
cumi-cumiさん、この日の観客は日本人9人欧米人3人の計12人でした。
Commented by artisfoto at 2011-10-27 08:56
leさん、そうです、プリ・アグン・プリアタンのことです。
関係は良くわかりませんが、恐らく掛け持ちの踊り子は居ないと思われます。
えっ?それって光沢の部分ですか?
Commented by le at 2011-10-27 09:19 x
目の化粧と言うか、まぶたのあたりです。
Commented by le at 2011-10-27 09:22 x
訂正
目と眉毛の間が黄色とか赤で塗られている部分です。

Commented by artisfoto at 2011-10-27 09:29
ああ、わかりました。
この京劇役者のような化粧のことですね。
もっとも、バロンダンスの王様役などは昔からこんな感じでしたが。
Commented by cumi-cumi at 2011-10-27 21:46 x
ちなみにこのお写真ですが、ISO感度とシャッタースピードは、どのくらいで撮影されておられるんですか?
とても美しく撮影されておられるので、よろしければ感度やシャッタースピードなど教えて頂きたく思いまして。
Commented by artisfoto at 2011-10-28 09:26
cumi-cumiさん、やはり夜の定期公演は、F2.8以上の明るいレンズが必要ですね。
撮影データは下記の通りです。
ISO 3200 1/100秒 F4.0
Commented by cumi-cumi at 2011-10-28 12:26 x
ありがとうございました。
ISO3200まで上げての撮影なんですね。
私のカメラじゃISO1600までが実際に使える感度なので難しいかも。
次回、バリ島に行ったら試してみます。
Commented by artisfoto at 2011-10-28 15:17
実際は、これより-1/3EVで適正露出だと思いますが、場所によって1EV以上の明暗差があったりします。
Commented by cumi-cumi at 2011-10-29 08:35 x
ありがとうございました。
露出もけっこう難しそうですね。
レンズはF2.8の中望遠のズームを買ったので、それを使ってみます。
Commented by artisfoto at 2011-10-29 22:51
cumi-cumiさん、それは楽しみですね。


<< 秋の空気、東京      秋色の実、東京 >>