2011年 11月 21日
メラ・プティ、バリ島
インドネシアで8月15日を迎えるのは、いつも複雑な心境だ。
というのも、日本では「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」として、毎年「全国戦没者追悼式」で黙祷が捧げられるなど、厳粛ムードなのに対し、インドネシアでは、2日後の8月17日に独立記念日(Hari Proklamasi Kemerdekaan Republik Indonesia)を迎え、祝賀ムードで一杯だからだ。
当然、その時期はインドネシア全土で式典や催しものが開かれ、町は赤と白の国旗で埋め尽くされる。
その国旗は「Sang Merah Putih」と呼ばれ、Merah(赤)は勇気と情熱、Putih(白)は真実と聖なる心を表すという。

e0139738_8495517.jpg

Panasonic DMC-LX3
[PR]

by artisfoto | 2011-11-21 11:20 | インドネシア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/16900521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2011-11-22 12:25 x
インドネシアの国旗は上が赤、下が白ですが、これが逆になってる国旗もありましたよね?
どっちがどっちだったか、時々わからなくなります。
Commented by artisfoto at 2011-11-22 21:35
cumi-cumiさん、ポーランドが逆ですね。
上が赤で下が白なので、メラ・プティと覚えて下さい。


<< 雨音、バリ島      日々草、バリ島 >>