2011年 12月 21日
彼が見たもの、バリ島
彼が見た風景。

e0139738_1022179.jpg

彼が飲んだトゥアック(椰子酒)の樹。

e0139738_1024570.jpg

そして、彼の写真が貼られたフォトアルバム。

e0139738_1025954.jpg

Panasonic DMC-LX3
[PR]

by artisfoto | 2011-12-21 10:16 | インドネシア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/17096627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by padmamanis at 2011-12-21 10:32
すてきな写真をありがとうございます。名古屋のY子さんと一緒に10月に会ってきましたよ。バリのお香とビール(は残念ながらビンタンではなくプレミアムモルツ)をあげてきました。Pさんはトゥクトゥクさんのこと本当に大好きでしたよね。
Commented by artisfoto at 2011-12-21 10:58
padmamanisさん、そうでしたか。
僕も今回バリへ行き、彼と縁のある人達に会うことが出来て、本当に良かったと思います。
ちなみに、僕は知り合いとアルバムをめくりながらビンタンを開けました。
Commented by le at 2011-12-21 17:30 x
 彼が熱く語っていたのが思い出されますね。と言っても、私はそこに行ったこともなく、いまだにバリのどの辺りにそこがあるのかも知らないのですが。
Commented by Y子 at 2011-12-21 18:19 x
あーなんてうつくしい景色。
ここで迎えるお正月も、道端で買う椰子酒も、サロンを巻いて出かけることも、疎遠になった人と再び旅することも、望めばいつでも手に入ると信じていたことがありました。
Commented by artisfoto at 2011-12-22 09:02
leさん、そうですね。
今では彼をここに連れて来ること出来て本当に良かったなと思います。
Commented by artisfoto at 2011-12-22 09:10
Y子さん、もう一緒に旅をすることなんて叶わないのに、今でもふと「どうしてるかな?」なんて思ったりして・・・。まだ心のどこかで彼と会えるような気がしているんでしょうね。


<< 最後の扉、バリ島      村の少女と棚田の風景、バリ島 >>