2012年 03月 11日
ともしび、サンティアゴ・デ・クーバ
2011年3月11日、僕はハバナに居た。
CNNの映像を見たときの、あのとてつもない喪失感は、生涯忘れることはないだろう。
そして、コブレの聖母寺で祈ったことも。

PRAY for JAPAN 3.11

e0139738_9595888.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM
[PR]

by artisfoto | 2012-03-11 10:34 | キューバ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/17500649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2012-03-11 19:17 x
去年のこの日は、仕事場から6時間歩いて家まで帰りました。
家に着いてテレビで津波の映像を見て、初めて何があったのか判って、衝撃を受けたのを覚えてます。
Commented by artisfoto at 2012-03-12 00:36
その後、原発が水素爆発したときの映像を見て、もしかしたらこのまま日本に帰れないんじゃないかと本気で考えました。


<< キューバ旅の軌跡その1、ハバナ      教会とメコンの夕日、カントー >>