2012年 03月 19日
キューバ旅の軌跡その6 カサ・パルティクラル、シエンフエゴス
シエンフエゴスに到着すると、バスは1869年創業のラ・ウニオンというホテルの前に停まる。
車掌のカルロスさんが、この町にホテルはこの一軒だけだと言うので、フロントに行き値段を聞いてみると、一泊70ドルと思いのほか安かった。
コロニアルスタイルの素敵なホテルで、泊まってみたい気もしたが、いきなり決める事も無かろうと思い直し、カサ・パルティクラルを紹介するというおばちゃんに付いて行く事にする。

e0139738_11383499.jpg

カサ・パルティクラルとは、政府が認可した個人宅の部屋を間借りする事が出来るいわゆる民宿のようなもので、個人が行える数少ない商売のひとつ。
値段は一泊20〜35ドルが相場で、家も大小様々であるため、自分の好みに合った部屋を選べるのが良い。

Panasonic DMC-LX3

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-19 12:30 | キューバ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/17557041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2012-03-19 14:36 x
ホテルもいいですが、長期滞在ならこちらの方が得ですね。
朝食はなしですか?
Commented by artisfoto at 2012-03-21 00:49
朝食は別料金(5ドル)です。


<< キューバ旅の軌跡その7 朝食、...      キューバ旅の軌跡その5、ハバナ... >>