2012年 03月 21日
ドリームス2009、東京
イタリアの東北に位置するフリウリ州ゴリツィアは、古くから白ワインの名醸地として知られているが、これまで世界的にはあまり知られていなかった。
そんなゴリツィアの地を世界に知らしめたのが、このイエルマンのドリームスである。

外来種のシャルドネを95%使用し、新樽使用率30%のバリックで熟成。
濃厚で洗練された味わいは、複雑性と繊細さを兼ね備えたエレガントなモダンスタイルとも言うべき逸品である。

そう言えば、以前ラオスのエコツアーで一緒になったイタリア人が、フリウリの州都トリエステから来たと自己紹介してくれたのだが、当時の僕にはトリエステがどこにあるのか見当もつかず、返答に困っていると、スロベニアの隣だよと説明してくれたのを思い出す。

e0139738_12581274.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF24-105mm F4L IS USM
[PR]

by artisfoto | 2012-03-21 13:57 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/17572540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< キューバ旅の軌跡その8 スパゲ...      キューバ旅の軌跡その7 朝食、... >>