2012年 03月 24日
キューバ旅の軌跡その10ドミノ、トリニダー
キューバの町を歩いていると、路上などでドミノに熱中する男たちを良く見掛ける。
中国の麻雀、それとべトナムの将棋も然り。
男たちが遊び呆けているのは、どうやら万国共通のようである。

e0139738_12315473.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-24 16:36 | キューバ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/17587473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2012-03-25 00:05 x
 ドミノってどういうものかも知らないのですが、パッと見、麻雀そっくりですね。
 中国の麻雀、本当によく見かけます。女性も時々やっていますね。

Commented by artisfoto at 2012-03-25 10:13
ぇさん、僕もドミノの遊び方はわからないのですが、確かに麻雀に似てますね。
似ているだけでなく、ドミノの起源もどうやら中国みたいですよ。


<< キューバ旅の軌跡その11居間、...      キューバ旅の軌跡その9 バスタ... >>