2012年 03月 27日
キューバ旅の軌跡その13 蛇とピニャコラーダ、サンクティスピリトゥス〜カマグエイ
しばらくして、バスはレストランに立ち寄った。
ところが、ここにきてまたしても食欲が無い。
仕方なく、ジューススタンドのようなところへ行ってみると、バスの運転手がピニャコラーダを注文している。
ピニャコラーダと言えば、日本ではパイナップルにココナッツの風味を加えたラム酒ベースの有名なカクテルだ。
まさか、飲酒運転するわけないよな・・・と思いながら、試しに同じ物を注文してみる。
結局飲んでみたら、ただのパイナップルジュースだった。

e0139738_10145866.jpg

砂場には、何故か大きな蛇がひもで繋がれ、周りに米粒が散らばっていた。
そこに、二羽の放し飼いの鶏がやって来て米粒をついばみ始めると、蛇は頭を縮めていつでも攻撃出来るよう身構えた。
しかし、鶏は一定の距離を保ったまま、それ以上近づくことは無く、蛇はただジッとその様子をうかがうだけであった。

e0139738_101594.jpg

Panasonic DMC-LX3

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-03-27 11:48 | キューバ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/17616230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< キューバ旅の軌跡その14 宿の...      キューバ旅の軌跡その12、サン... >>