2012年 04月 05日
キューバ旅の軌跡その18 路地、カマグエイ
夕方、宿へ戻ろうと薄暗い路地を歩いていると、初老の男性がひとり道端に座り、抱きかかえた子犬の頭を撫でながら歌をうたっていた。
美しい歌声が路地の端から端まで響き渡り、その間足を止める者は一人も居なかったが、人生の喜びや悲しみが込められた彼の歌に、僕は心を揺さぶられてしまった。

e0139738_10414741.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』
2012年4月19日(木)〜4月25日(水)
キヤノンギャラリー銀座
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日は15時まで)
休館日 日曜、祝日
[PR]

by artisfoto | 2012-04-05 12:12 | キューバ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/17689428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 花見日和、東京      キューバ旅の軌跡その17 中国... >>