2012年 07月 27日
キューバ旅の軌跡その46 足下の花、サンタクララ
1958年12月30日、チェ・ゲバラ率いる部隊が政府軍装甲貨車の襲撃に成功すると、革命軍の勝利はいよいよ決定的となる。
この戦闘は、後に『サンタクララの戦い』と呼ばれ、ゲバラは革命の英雄となった。

装甲貨車が保存されている列車記念碑には、『サンタクララの戦い』に関する資料が数多く展示されているが、スペイン語で書かれた資料以外に見るべき物は無く、僕はそのままゲバラ像のある場所へ向かった。

等身大のゲバラ像は、大好きなシガー(葉巻)を右手に持ち、左腕には小さな子供を抱えている。
広い歩幅で踏み出そうとするその姿は、力強く生き生きとしていて、今にも歩き出しそうだった。

e0139738_1336412.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF50mm F1.2L USM

e0139738_10301278.jpg
大木信哉写真展『心のキューバ』キヤノンギャラリー
銀座  2012年4月19日(木)〜4月25日(水) 終了しました。
梅田  2012年5月24日(木)〜5月30日(水) 終了しました。
福岡  2012年7月5日(木)〜7月17日(火) 終了しました。
名古屋 2012年7月26日(木)〜8月8日(水)
名古屋市中区錦1-11-11名古屋インターシティ1F
開館時間 10:00〜18:00(最終日15:00まで)、休館日 日、祝
[PR]

by artisfoto | 2012-07-27 15:19 | キューバ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/18480223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まねきねこ at 2012-07-27 19:54 x
このゲバラ像は、等身大で一番本人に似ていてカッコイイですよね♪ 私もニコニコしながら、このゲバラ像と一緒に何枚も写真を撮り、通りすがりの地元民に笑われてしまいました~。 今にも歩き出しそうな姿が印象的ですよね。 
Commented by artisfoto at 2012-07-27 20:50
確かにカッコイイ、まねきねこさんのはしゃぐ姿が目に浮かびます。(笑)
Commented by cumi-cumi at 2012-07-27 23:03 x
未だに銅像に花束がおかれているんですね。
Commented by artisfoto at 2012-07-28 18:54
cumi-cumiさん、そうなんですよ。
ここもゲバラ廟も絶え間なく人が訪れているようでした。


<< 満開の百日紅、東京      7月26日運動、サンティアゴ・... >>