2012年 10月 12日
ジュプンの香り、バリ島
バリ島で最初の爆弾テロが発生してから、今日でちょうど10年になる。
その間、バリ島を訪れたのは、たったの5回。
「たったの」と付けたのは、以前なら年に2〜3回のペースで訪れていたからだ。
それから比べると、訪問回数は激減してしまったが、僕のバリ島に対する想いは昔と少しも変わっていない。
甘いジュプンの香りは、そんな想いを一瞬にして蘇らせてくれる。僕にとっては媚薬のようなものだった。

e0139738_11313589.jpg

Canon EOS 5D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
[PR]

by artisfoto | 2012-10-12 17:23 | インドネシア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/19025533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2012-10-12 22:42 x
あれから10年にもなるんですね。
バリ島も10年前と今とでは、だいぶ変わりましたね。
Commented by まねきねこ at 2012-10-13 00:00 x
あの爆弾テロから10年も経ったのですね。 
バリ島には11年くらい前に行ったきりです。 
お写真を拝見し、花の香りの記憶が蘇ってきました。 
Commented by artisfoto at 2012-10-13 10:22
cumi-cumiさん、表向きにはかなり変わりましたよね。
Commented by artisfoto at 2012-10-13 10:28
まねきねこさん、そうでしたか。
そう言えば、キューバでサンタクララからハバナへ向かう際、ガソリンスタンドにプルメリアの花が咲いていて、思わず深呼吸してしまいました。
大好きな香りです。


<< 金木犀の香りに誘われて、東京      スカイツリーとザクロの実、東京 >>