2012年 11月 08日
電車と運河と薔薇の花、東京
北十間川は、1663年(寛文3年)に農業用水路として開削され、戦前までは物流運河として多くの舟が行き交っていたという。
今では浮かぶ舟もなく、岸辺の葦が江戸の面影を残すだけである。

e0139738_13533214.jpg

近くの公園に咲いていたピンクの薔薇。
見頃はとっくに過ぎていたが、とても良い香りだった。

e0139738_13534225.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2012-11-08 14:46 | 日本 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/19176579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まねきねこ at 2012-11-08 18:53 x
咲き始めの薔薇はもちろん綺麗ですが、散り際のはかなげな薔薇も哀愁があって趣きを感じますね。 有終の美でしょうか。
Commented by artisfoto at 2012-11-09 21:35
まねきねこさん、確かにそれぞれの良さ、美しさがありますよね。


<< 秋の光、東京      森の息吹、千葉 >>