2013年 01月 30日
冬の芙蓉、東京
20数年振りに会った彼女は、少しふくよかになっていたが、相変わらず奇麗だった。
「久しぶり〜、全然変わらないね!」
そう言うと、学生の頃と全く同じように優しく微笑んでいた。

それから4年後に彼女は旅立ったのだと言う。
昨年の4月の事である。
あの頃の君、そしてあの時の笑顔を、僕は忘れない。

e0139738_18412428.jpg

RICOH GXR A16 24-85mm F3.5-5.5
[PR]

by artisfoto | 2013-01-30 23:29 | 日本 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/19709897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まねきねこ at 2013-01-31 00:17 x
若くして亡くなられた彼女、ご冥福をお祈りします。

綺麗な笑顔をいつまでも覚えていてくれる人がいるのは幸せですね。
Commented by artisfoto at 2013-01-31 00:38
まねきねこさん、ありがとうございます。
じつはこの三年間、何人もの大切な人を亡くしました。
もちろん、その人たちと会えなくなるのはとても悲しいことですが、残された家族の事を思うと本当に切ないですね。


<< チャイナ服の少女、雲南省大理周城      首長族の少女、メーホンソーン >>