2013年 04月 18日
フーティウとシントー、ロンスエン
部屋に戻ると、急に寒気と倦怠感が襲ってくる。
どうやら、昨晩カントーの宿で、エアコンをつけたまま眠ったのが原因らしい。
いつもなら、そんな事はやらないのだが、昨夜は特に蚊が多く、このままでは眠れないと思って、つい朝まで放置してしまったのだ。
僕はベッドで横になり毛布に包まった。
しばらくして目を覚ますと、汗でTシャツがびっしょりになっていた。
時計は8時を回ったところだが、このまま眠ってしまえば、間違いなく夜明け前に目が覚めてしまうだろう。
そうなると、この古い病院の一室のような部屋で、ひとり夜明けを待つことになる。
それだけはご免被りたいと思った。
食欲は無かったが、とりあえず何か腹に入れておこうと思い外へ出てみる。

e0139738_9512288.jpg

その店はホテルから5分程のところにあった。
客がひっきりなしにやって来るのを見て、美味しい店に違いないと、昼間に目星をつけておいたのだ。
しかし、運ばれて来たフーティウは、何とも貧しいものだった。
ところが、スープを口にした瞬間、思わず唸ってしまった。
とにかく圧倒的な旨味とコクがあり、これまで食べたフーティウとは比べものにならないくらい美味しかったのだ。
「いや待てよ、これは以前どこかで食べたことのある味だぞ。」そう思いながら麺をすすると、突然記憶が蘇ってきた。
「プノンペンで食べたクイティウと同じじゃないか。」
なるほど、フーティウのルーツはカンボジアのクイティウだと言われているが、確かにそうなのだろう。

e0139738_9513752.jpg

ホテルに戻る途中、シントーの屋台を見掛けたので、買ってみることにした。
シントーとは、生の野菜やフルーツを練乳や氷とともにミキサーにかけたもので、べトナムではかなりポピュラーな飲物である。
僕はキャロット(にんじん)とトム(パイナップル)を注文、代金は両方で13,000ドンだという。
「おいおい、それではあまりにも安過ぎるではないか。」そう思ってもう一度娘に尋ねると、その金額で間違いないと言う。
まるで10年前の価格だった。
僕は少々得をした気分になり、プラスチック容器から飛び出たストローをつまみながら、甘くひんやりとした液体をすすった。
ふと夜空を見上げてみると、果てしない漆黒の宇宙の闇に、青白い満月がぽっかりと穴を開けたように輝いていた。

e0139738_1034836.jpg

RICOH GXR GR LENS A12 28mm F2.5
[PR]

by artisfoto | 2013-04-18 14:21 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://artisfoto.exblog.jp/tb/20301227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cumi-cumi at 2013-04-19 12:19 x
やっぱり地元の人が多いお店は美味しいんですね。
Commented by artisfoto at 2013-04-19 18:56
美味しい店というのは、どこもそんな感じですね。


<< フーティウと魚売り、ロンスエン      運河と大聖堂、ロンスエン >>